「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ぼやき。( 3 )

「Control」。

私はやっている人をどうのこうの言うつもりはありませんよ。

(`・ω・´) キリッ


f0367677_20125418.jpg

ARTIST DATABASE


[PR]
by giyaman-oddworld | 2016-08-02 20:22 | ぼやき。

「宮川 香山」展。

4月から大阪市立東洋陶磁美術館で開催中の「没後100年 宮川 香山」展。



4月に開催されるのを知り「おっ!」と思ってから、早7月。今月いっぱいで終わるという事だったので今日、行ってきました。



f0367677_18553865.jpg

f0367677_18552065.jpg




正直、正直に言わせていただくと思っていたほど「グッ」とこなかった。もっというと高浮彫の作品が自分が思っていたほど自分の中に入ってこなかったという事です。



焼き物の好みで言えば、絵付けより造形的なモノの方がどちらかというと好きな事、数年前に観た、今回も展示されている「褐釉高浮彫蟹花瓶」に感動した経験から期待感が高すぎたのかもしれません。



勘違いがない様、説明させていただきますが、展示されていた作品達が私から観て全くしょうもなかった、何も感じなかったというワケではなく、やはり技巧は凄く、見応えのある展示ではありました。

ただ思っていたほど自分の中に入ってこず、ワクワク感もそれ程なく、期待以上ではなかったという事です。



また観賞していて思ったのは、ただリアルな立体物でしたら、アップで観ても本物と見紛うばかりの現代のミニチュア作品の方がワクワクしますし、作家同士を比べる事にあまり意味がないかもしれませんが、花器、香炉等の工芸品であれば金工ですが正阿弥勝義、彫りを施した陶芸であれば板谷波山の方が緊張感があった様に感じました。私の好みからくる感覚かもしれませんが・・・。



こういう時の残念感はなかなかなモノがありますが、きっと私の感受性が鈍ってきたという事なのでしょう。(´-ω-`)



そんな中でも代表作とも言える「褐釉高浮彫蟹花瓶」2点、それ以外にも何点か「グッ」とくるモノもあり、それなりに楽しく観賞する事ができました。



観賞後半は常設展の「安宅コレクション」。何度観ても癒されます。(*'ω'*)







f0367677_18551115.jpg

[PR]
by giyaman-oddworld | 2016-07-28 19:03 | ぼやき。

やってみました。

以前のブログでは動画を貼れなかった(知らなかった?)ので、今回引っ越したのをきっかけに、動画を貼ってみました。




     



CGじゃないかと思うくらい表情が豊かです。




可哀想やけどカワイイ。(笑)








f0367677_15205229.jpg


[PR]
by giyaman-oddworld | 2016-07-23 15:22 | ぼやき。

中屋・・・。オーナーの制作したGlass作品を展示した工房兼Galleryです。ブログではオーナーの作品、展示情報等をUPしていきます。


by Glass作家:増田 建治。